俺たちに明日はない

1967年公開。ボニーとクライドが原題。二人の出会い~死までを描いた犯罪映画です。アメリカン・ニューシネマの名作として、非常に有名です。ちなみに実話がモデル。

クライド・バロウは出所したばかりのならず者な女。一方、強盗を生業とすクライド。彼が彼女の眼前で強盗をする。史劇てな男性だと惹かれるクライド。二人は車を盗み、各地で強盗を繰り返しながら、転々とする。

一方、警察は面子が丸つぶれ。総力を挙げて捕まえる事を目指していた。
そしてボニー達は紆余曲折を経て、とうとうお互いの想いに気付き結ばれる。だが、一方で司法取引の下、ボニーを罠にかける作戦が動きつつあり……

ラスト含め、非常に見ごたえのある映画です。特にラスト!もう、忘れられないでしょう。

最期はさておき、本作は67年の映画と云う事でかなり古典的な作品です。見応えはありますが、やはり現代のアクション映画と比べるとマンネリでもあります。

ただ、本作の評価としてはアメリカン・ニューシネマの作品、いわば従来のアメリカ映画では無かった悪党が、それも庶民の英雄であるような主役であるという点が大きいです。確かにボニーとクライドは銀行強盗はしますが、貧しい客からは金を盗らず、彼ら自身に対して視聴者は非常に好感を持てます。
大分県 浮気調査 探偵